スポーツマンとローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、身体を疲れにくくする作用や運動神経を回復する作用があると言われていますので、スポーツをする人や成長期の人にはお勧めの健康食品です。
また運動中に無意識に感じているストレスも軽減してくれます。
ローヤルゼリーの中には約40種類の栄養成分が含まれています。
私たちが生きるために必ず必要な成分で、しかし残念なことに体内では作り出せないアミノ酸のことを必須アミノ酸と言いますが、ローヤルゼリーの中には、必須アミノ酸がなんと全種類含まれているのです。

必須アミノ酸は全部で9種類あり、その中の成分である「イソロイシン」「ロイシン」「バリン」が運動時に効果を発揮すると言われており、スポーツをする人達の間で注目されているようです。
この3種類はBCAAとも呼ばれています。
BCAAとは分岐鎖アミノ酸のことで、筋肉を強くして疲労を回復してくれるパワーがあります。
ランニングなどの激しい運動をすると、多かれ少なかれ筋肉に負担がかかり、筋肉はダメージを受けてしまいます。

軽い運動では、脂質と糖質をエネルギーとして消費していくのに対し、運動量が多く激しくなると、筋肉中のタンパク質をエネルギーとして消費するようになるのです。
イソロイシン・ロイシン・バリンはその筋肉タンパク質を補うことができ、筋肉中のタンパク質が減少するのを防ぐことができます。
中でもローヤルゼリーに含まれるイソロイシンは、ほとんどのスポーツドリンクに含まれており、疲れの回復度などその効果は有名なのです。
ローヤルゼリーにはこれらの有効成分がふんだんに含まれていることによって、病気を予防し若さを保つ効果があることに加え、運動をする時の筋肉の消耗を減らしてくれますので、スポーツをする人には是非摂取していただきたいですね。

タイミングとしては、寝起きや空腹時に摂取するのが良いとされていますが、運動を始める前や、運動後に摂取しても十分な効果が得られるようです。
またローヤルゼリーは、運動神経の回復にも効果があると言われています。
反射神経や素早い判断力が求められるようなスポーツをする時には、それらの能力向上が期待されています。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 万能薬として期待