ローヤルゼリーの味やにおいは?

私たちの身体に良いとされている、万能薬の効果があると言われるローヤルゼリーですが、どんな味やにおいがするのかご存知ですか?
よく、ローヤルゼリーとはちみつを混同する人がいらっしゃいますが、この2つはまったくの別物です。
はちみつとは、働きバチが食べている食物です。
みなさんがよくご存知のように、透き通った黄金色をしています。
はちみつの成分は、ほとんどが糖質から出来ている為、甘くて花の香りがし、そのまま食べてもおいしいですね。

しかし、ほぼ糖分で出来ているので、エネルギー源にはなりますが、栄養価は低いです。
それに対してローヤルゼリーとは、女王バチと女王バチの幼虫にのみ与えられる食物で、ビタミン類・ミネラル類・必須アミノ酸などの成分が豊富に含まれており、ものすごく栄養価が高いです。
色は乳白色でどろっとしています。
においは独特です。初めてにおいを嗅いだ人は「くさい」「酸っぱい」と思われることでしょう。

味も独特で、「酸味がある」「まずい」「食べにくい」という人が多いようです。
その酸味が強いほど効果が高く新鮮だとされているようです。
食感ははちみつと似ていますが、においと味は天と地ほどの差があるようですね。

「生ローヤルゼリー」はそのにおいや味が、ダイレクトに伝わってきてしまいますので、そのまま生ローヤルゼリーだけを口に入れるのではなく、はちみつやヨーグルト、ジャムやドリンクに混ぜて摂取すると、少しは飲みやすくなるようですよ。
しかしどうしても生ローヤルゼリーは合わないという人には、「乾燥ローヤルゼリー」や「調整ローヤルゼリー」の方が良いかもしれませんね。
生ローヤルゼリーは「生」なので、その品質を維持するためには冷蔵庫で保管しなければならないのに対し、「乾燥」「調整」は持ち運びができ、酸味も強くなく、カプセルなどの飲みやすい形状になっていることも多いので、最近では生よりも好まれているようです。
ローヤルゼリーには多くの栄養素が含まれているので、それだけでもたくさんの効果をもたらしてくれるのですが、他の成分と組み合わせて飲むことでさらに高い効果を期待することもできるそうです。
その成分とは何かはこちらのローヤルゼリーと相性の良い成分についてのサイトをご覧ください。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 万能薬として期待