ローヤルゼリーは国産なのか?

ローヤルゼリーの産地は国産のものもありますが、残念ながら採取量は年々減少しています。
国産は今では大変貴重なものになっていて高額で販売されています。
こちらに高級な国産ローヤルゼリーについて詳しくかいてあります。
驚くことに市場に出回っているローヤルゼリーの95%以上が中国産なのです。
国産にこだわる人には少し残念なお知らせですね。

中国産のメリットとしては、国産に比べると半額に近い価格でお手軽に手に入れることができるところでしょうか。
なぜ安価で手に入れることができるのかというと、ローヤルゼリーの採取の時間が関係しているようです。
ローヤルゼリーの採取方法としては、人工王台に働きバチの幼虫を人工的に移動させて、働きバチに女王バチだと勘違いさせます。
働きバチは女王バチに食料としてローヤルゼリーを分泌し与えるという性質があります。

そこを利用するのです。
その後ローヤルゼリーでいっぱいになった人工王台を取り出して、移動させていた幼虫を手作業で取り除き、そこからローヤルゼリーを採取します。
幼虫を移動させてから24時間〜72時間で取り出す方法が一般的です。
24時間・48時間・72時間で取り出す方法があるようですが、輸入品のほとんどは72時間で取り出す方法を多く取り入れているようです。
72時間は、ローヤルゼリーが溜まるまでの一番長い時間とされていますが、72時間待ってから採取することによって、より多くのローヤルゼリーが採取でき、販売量も増えるという訳です。

商業ベースではその方が効率が良いですし儲かりますね。
しかし、ローヤルゼリーの鮮度は時間が経過するにつれてどんどん落ちていきます。
国産の養蜂場にも72時間で採取する所もありますが、中には48時間で採取するところや、40時間ほどで採取するところもあります。
採れる量は減ってしまいますが、その分より鮮度が高いローヤルゼリーを採取することができます。

量より質にこだわっている訳ですね。
しかし少量しか採取できないローヤルゼリーほど値段が高くなるのです。
どちらを選択するかはあなた次第です。
http://www.ramadasuite-seoul.com/guruk.htmlにはローヤルゼリーと相性の良い成分が紹介されています。
組み合わせて摂ることで相乗効果が期待できますので、是非一緒に摂っていきましょう。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 万能薬として期待