ローヤルゼリーをドリンクに混ぜてもおいしいか?

ローヤルゼリーは、採取する方法は同じでもその後の過程によって、市場に出回る時には主に3種類に分類されます。
生ローヤルゼリー」「乾燥ローヤルゼリー」「調整ローヤルゼリー」です。
まず、生ローヤルゼリーとは、その名の通り、ミツバチの王台から採取したままの状態で瓶詰めされたものです。
何の加工もされていないので、鮮度が高く純度は100%です。

乳白色のどろっとした成分で、栄養価に優れていて、その点では3種類の中で1番と言えます。
しかし、鮮度が命なので、すぐに劣化してしまい保存管理が難しいというのが難点です。
冷蔵庫保存は必須ですし、時間が経つにつれて栄養価は下がっていきます。
購入したメーカー側の保存方法もチェックしておいた方が良いですね。
ローヤルゼリーの味は、酸味が強くとてもおいしいとは言えません。
生ローヤルゼリーは、ローヤルゼリーの原液な訳ですから、3種類の中では群を抜いてまずいでしょう。

次に乾燥ローヤルゼリーですが生ローヤルゼリーを乾燥させ、粉末にしたもので、瓶詰めやカプセルの状態で販売されています。
以前は加熱で水分を飛ばしていましたが、その方法では大事な栄養素まで破壊してしまう為、冷凍してから水分を飛ばすというような特殊なフリーズドライ加工法が用いられているようです。
生ローヤルゼリーほどの純度や鮮度がなく、栄養価の下がりますが、従来の成分を壊さずに、保存がきき持ち運びができるというのは便利ですね。

最後に調整ローヤルゼリーです。
生ローヤルゼリーまたは乾燥ローヤルゼリーに、他の原料や食品添加物などを加えて加工しています。
ローヤルゼリーの含有量は全体の1/6程度ですが、その分安価で手に入ります。
液状・カプセル・錠剤タイプがあり、主にサプリメントとして販売されています。
そのままで飲みにくい場合はドリンクに混ぜて飲むことも可能ですが、ローヤルゼリーは熱に弱いので、ホットドリンクに混ぜるのは避けた方が良いですね。
青汁・蜂蜜・柑橘系・牛乳などと混ぜると飲みやすくなるようです。
どれを選択するかは自由ですので、あなたが飲みやすい方法で摂取してくださいね。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 万能薬として期待