クーラー病によいローヤルゼリー

暑い夏になるとクーラーを付けますよね。
暑さを我慢しすぎると熱中症になる恐れがあるので、適度にクーラーの温度を調節しながら上手に活用していきたいものですが、クーラーのせいで逆に温度が下がりすぎてクーラー病になる恐れがあります。
クーラー病とは、クーラーのきいた部屋に長時間いた後に、外の暑い温度に触れる、これを繰り返すことで体内の自律神経のバランスが崩れてしまうことです。
クーラーのよくきいた部屋に薄着でいたり、高齢者・乳幼児のように自律神経の働きが不安定な場合に起こりやすくなります。

自律神経とは自分の意思に関係なく働いている神経で、私たちの健康な身体を維持するために欠かせない最も基礎になる神経と言えるでしょう。
その自律神経のバランスが崩れることによって引き起こされる症状としては、頭痛や肩こり、疲労感や便秘など、一見してクーラー病とは気づきにくい「なんだか〜な気がする…」という感じのはっきりしない症状ばかりです。
クーラーのよくきいた部屋と暑い外とを行き来することが多い人で、こんな症状のある方はクーラー病を疑ってみましょう。

改善するには、まず身体を温めることが第一です。
クーラーのきいた部屋で薄着をしない・ストールやひざ掛けで冷えをガード・温かい食べ物を摂取・温かいお風呂にゆっくり浸かるなど…とにかく身体を温めることを心がけてみて下さい。
それだけでもかなり状態が回復することでしょう。
それに加えて、体内に摂取することでクーラー病を改善できるものの1つとしてはローヤルゼリーがあります。
ローヤルゼリーはビタミン・ミネラル・必須アミノ酸などの天然成分を多く含んでいます。

ビタミンの中でも特に注目すべきはパントテン酸です。
体内のパントテン酸は免疫力を高め、ストレスに対する抵抗力をつけ、体内の新陳代謝をよくしてくれる働きがあります。
それをローヤルゼリーで補うことによって自律神経のバランスを取り戻し、クーラー病への改善へと繋がります。
ローヤルゼリーのサプリメントランキングも参考にご覧ください。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 万能薬として期待