養蜂場のローヤルゼリー

ローヤルゼリーは美容と健康に良いことが知られており、世界中の人々から愛されています。
1950年代にローマ法王が老衰で病に伏していたとき、ローヤルゼリーを飲んで奇跡的に回復したという話から、世界中に広まったと言われています。
ローヤルゼリーには約40種類もの天然の栄養成分がたっぷりと含まれており、様々な効果があると言われています。
日本でもローヤルゼリーは色々な商品に形を変えて、市場に出回っています。

日本で販売されているローヤルゼリーは、一体どこで作られたものなのでしょうか?実は、そのほとんどが中国で作られたものなんですよ。
日本で販売されているローヤルゼリーの内、約95%以上を中国から輸入しているのです。
その次に多いのが台湾からの輸入で、約3%と言われています。
悲しいことに国産のローヤルゼリーは年々減っていて、今では1%弱程度しか採れていないようなのです。
そのためか、国産のローヤルゼリーは希少価値が高くなっています。

養蜂場の数が多くないということもあるでしょうが、良心的な養蜂場は品質の確かさを保証するために、生産から製造までの全工程を厳重に管理しているので、その品質を保証する為の過程で、どうしてもお金がかかってしまいます。
そうすると自然と、販売される商品の値段も高くなってしまうのですね。
輸入品は大量に出回っている分、設定価格が安く誰でも手に入れやすいですが、どういうメーカーが作り、どんな過程を経ているのか分かりませんし、商品について聞きたいことがあっても問い合わせることもできません。
それに対し国産では、商品のパッケージに養蜂場の名前が入っているなど、どこの養蜂場で作ったローヤルゼリーなのかが分かるようになっていますし、ホームページなどでも生産の過程を知ることができる上、不明な点について問い合わせることが可能です。

値段は高いですが、品質面やアフターサービスなどを考えると安心できますね。
安心・安全・品質にこだわる人には国産がおススメですし、品質には不安があるけど安い方がいいという人には輸入品がおススメですね。
ローヤルゼリー比較ランキングの上位製品は、高品質なものが多いです。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 万能薬として期待