ローヤルゼリーを飲むときの注意点

ローヤルゼリーは女性が採るべきである多くの成分を含んでいて、若返りにも効果があるとされています。
実年齢よりも若く見える女性は飲んでいる方が多いようです。
そんな素晴らしい効能を持つローヤルゼリーですが、そんなに良いことだけのはずはない、副作用などがあるのではないか?と心配になる人もいるのではないでしょうか?
ローヤルゼリーはご存知のように、働き蜂が女王蜂に与えるために、花から集めた花粉などで生成したものです。
天然由来の成分ですので体の健康を害することはありません。

しかし、花粉症などのアレルギー症状のある人や、喘息の人はあまり摂取しないほうが良いでしょう。
いくら蜂の体内で酵素などと混ざり合って、違う物質に変化していたとしても、ローヤルゼリーの元は花粉なので、アレルギーの人は反応してしまう可能性があります。
ローヤルゼリーは薬ではなく健康食品に分類されています。
服用量等はありませんが、サプリメントと同じで1日に摂取したほうが良い、それ以上はやめたほうが良いという適量はあります。
1日に多くても1g前後を目安にしましょう。
ローヤルゼリーの摂取量はしっかり守りましょう。

しかし、より効果的に摂取するためには、自分の体重を測り、体重によって1kgにつきローヤルゼリー10rの摂取が理想的だといわれています。
お腹が空いている時や、胃の調子が悪い時などは、摂取するのは控えたほうが良いです。
ローヤルゼリーを摂取する前に比べて、体調がどう変化したのかを注意していてください。
良いほうに変わったのであれば、ローヤルゼリーの効果だと考えられますし、悪いほうに変わったのであれば、ローヤルゼリーが合わないと考えられます。

間一般では良いとされるローヤルゼリーですが、稀に合わないという人もいるようです。
体調が悪くなるなどの変化があらわれた場合には、飲む量を減らしてみたり、病院へ行くことをお勧めします。
また、血液凝固防止剤を服用されている場合は、ローヤルゼリーにはその働きを促進するというデメリットもあります。
健康食品を摂取しているはずなのに血が止まらくなる等、万が一のことがあっては大変なので、そういう人が摂取をする場合にはかかりつけのお医者様に相談してからにしてください。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 万能薬として期待